2009年03月05日

啓蟄(けいちつ)

今日は「啓蟄」といって、一般的には大地が暖かくなって、冬眠していた虫が出てくる頃らしいです。

「啓蟄」の風習でおなじみなのが、松の木などに巻いていたコモを取り外したりします。

「啓蟄」とはどういうことで、いつ頃よりあるのでしょうか

「啓蟄」とは「二十四節気」の一つで3月6日頃、又は3月6日頃から春分までの期間のこと。

3月6日頃というのがなんとも曖昧です。

「二十四節気」というのは中国の戦国時代頃の旧暦の季節を二十四に区分したものです。

「啓蟄」次が「春分」で3月21日頃、又はその日から次の「清明(せいめい)」まで。

「清明」なんてあまり聞きませんが、4月5日頃・・・・

「春分の日」は2月20日の祝日ですが、すべて何々頃となっているのでいいのでしょう。

「春分」「夏至」「秋分」「冬至」はおなじみです。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」もテレビとか新聞で報道されますね。

「大寒」「啓蟄」「大暑」あたりも聞きますね。

しかし「清明」「穀雨」「小満」「芒種」「小暑」「処暑」「白露」「寒露」「霜降」「小雪」「大雪」「小寒」「雨水」

などはほとんど言いませんね。

まあ元々中国の季節ですからね。

日本ではプラス「節分」「彼岸」「社日」「土用」「八十八夜」「入梅」「半夏至」「二百十日」「二百二十日」

などの「雑節(ざっせつ)」

「人日(じんじつ)」1月7日の七草、「上巳(じょうし)」3月3日桃の節句、「端午(たんご)」5月5日菖蒲

「七夕」7月7日、「重陽(ちょうよう)」9月9日菊の節句の五節句があるそうです。

現代ではその他の「バレンタインデー」や「クリスマス」の方がにぎやかで有名です。



和歌山市の整体・カイロプラクティック院
「からだコンディショニング」
※地図はこちら
電話予約
073-494-4301
メールお問い合わせ
診療時間
am10~pm10:00
休み  
不定休
P.C.site
mobile site
Fc2 mobile site
blog katanokoranaihanasi
blog karadaconditioning
mixiの日記



同じカテゴリー(役に立つ話)の記事画像
つれもて
リハビリ
目の疲れその後
目の疲れ
ラカタンバナナ
左利きの話3
左利きの話2
左利きの話
同じカテゴリー(役に立つ話)の記事
 つれもて (2011-09-09 10:55)
 リハビリ (2009-05-12 12:57)
 目の疲れその後 (2009-05-07 13:49)
 目の疲れ (2009-05-06 20:55)
 ラカタンバナナ (2009-02-24 12:57)
 左利きの話3 (2009-02-19 19:06)
 左利きの話2 (2009-02-18 21:59)
 左利きの話 (2009-02-18 15:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。