2009年02月18日

左利きの話2

左利きの話で質問があったので少し解説を

本人が右利きだと思っていても、検査をすると左利きという場合があります。

実際私は右利きなのですが、「PNF」というリハビリとかで使う治療法があり

その右利き用の治療法で足をしてもらったところ、真直ぐ歩けなくなりました。

そこで検査をしたところ、その時は左利きだったので左利き用の治療法を

再度してもらったら元に戻りました。

このように本人が思っていることとは違うことがあります。

右利きの者が左でキャッチボールを練習すると右で投げるよりコントロールが

よくなるのは左利きだという可能性が強いと思います。

一度試してみては・・・道具など費用はかさみますが

スポーツ競技などではその上で決めてみてはどうでしょうか。


話はかわりますが、左右比べれば多少差がでるのでしょうけど

右利きでも左利きでも訓練すれば同じように使えるようになります


古い話ですが星飛雄馬は父星一徹に幼い頃右利きだったのをピッチャーは左投げ

の方が有利だという理由で左利きに変えさせられました。

それで左肩を壊して引退したのに、右投げで野球界に復帰しました。

まあ漫画の話ですけどね。



和歌山市の整体・カイロプラクティック院
「からだコンディショニング」
※地図はこちら
電話予約
073-494-4301
メールお問い合わせ
診療時間
am10~pm10:00
休み  
不定休
P.C.site
mobile site
Fc2 mobile site
blog katanokoranaihanasi
blog karadaconditioning
mixiの日記



同じカテゴリー(役に立つ話)の記事画像
つれもて
リハビリ
目の疲れその後
目の疲れ
啓蟄(けいちつ)
ラカタンバナナ
左利きの話3
左利きの話
同じカテゴリー(役に立つ話)の記事
 つれもて (2011-09-09 10:55)
 リハビリ (2009-05-12 12:57)
 目の疲れその後 (2009-05-07 13:49)
 目の疲れ (2009-05-06 20:55)
 啓蟄(けいちつ) (2009-03-05 14:10)
 ラカタンバナナ (2009-02-24 12:57)
 左利きの話3 (2009-02-19 19:06)
 左利きの話 (2009-02-18 15:08)

この記事へのコメント
素敵なブログですね!!
Posted by slim at 2009年02月19日 00:26
おおきに、ありがとうございます
Posted by からだコンディショニング at 2009年02月19日 11:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。